これまで、ECサイトを構築するとなると、自社でシステムを開発するのはもちろん、サーバーやシステムの運用・保守も自社で行うのが一般的でした。専門業者に依頼することも可能ですが、そのぶんコストがかかってしまうのは確実。費用を低減するためにも、すべてを自社で開発・管理するのが最適な方法だったのです。

自社でECサイトの構築をして管理をしていくためには、関連する機器の初期費用からランニング費用など、大きな負担がのしかかります。おまけに、どんなに優秀なスタッフを雇っても、構築期間に半年以上かかるのが一般的。サービスレベルはコストに比例しますから、コストを低く抑えようとすれば、サービスレベルも低くなる恐れがあります。

システムを資産として自社保有できるメリットはあるものの、時間が経つほどに機能や性能が陳腐になり、耐用レベルも低くなってくるのは止むを得ません。改善するためには、追加で開発をする必要が出てきて、また費用負担が増すのです。このような流れを繰り返すことで、従来のECサイト構築は非効率性を定着させてきました。そこから抜け出すことで、サービスレベルを向上させつつ費用の低減を実現できるようになってきます。