SaaSの場合、インフラからハードウェア、ミドルウェア、アプリケーションに至るまで、必要な分のサービスのみを選択して利用できます。システムを資産として保有する負担がないため、初期投資もランニング費用も大きく抑えることができるのがメリットです。特に初期費用は無料なサービスもあり、ECサイトの構築を身近にさせてくれます。

ECサイトの構築期間は、これまでなら数ヶ月はかかるのが通常でした。SaaSなら、1ヶ月ほどの構築期間があれば運用を開始できるのが大きなメリット。一日も早くECサイトの運用をスタートしたい場合、SaaSは検討しがいがあります。ランニング費用は、SaaSを使用したぶんだけ支払えばOK。追加開発は、自社で考える必要がなく、従って費用負担も必要ありません。

SaaSのサービス内容は時が経っても陳腐化しないため、常に高いサービスレベルを維持することができます。追加コストも不要で、サービスレベルをキープできるのは奇跡的。マルチテナントを実現できる点は、ASPと比較しても大きなメリットがあります。十分なサポートを得ながら、最新のサービスを活用できるのは、非常に贅沢なサービスといえるでしょう。